② 昆虫 のブログ記事

ミドリシジミ

| コメント(0)
D03_3413.jpg

むふふふ...... 初めてのゼフィルスです ♪
ここでは、アカシジミ・ウラナミアカシジミ・ミドリシジミの三種類が
見られるとのことでしたが、鈍臭い素人にはこの子だけで精一杯でした。
残りは来年の楽しみに... (^^ゞ

グンバイトンボ

| コメント(2)
gunbaitonbo_120603_41.jpg

前回は時期遅れで失敗したグンバイトンボ ♪
今年は新鮮情報を戴きましたので、2日酔いが治まった午後から出掛けました。

遅ればせながら・・・

| コメント(2)
D30_4010.jpg
グンバイトンボ D300 + AF-S 300mm F4D + TC14EII(50%トリミング)

グンバイトンボですが、3時間探してやっと一匹とは情けなかぁ...(涙)しかも近づけない場所でして橋の上から双眼鏡で見つけました。
ま、空振りよりはマシですが、遅すぎたのでしょうかね?

ハッチョウトンボ 他

| コメント(0)
D30_3727.jpg
ハッチョウトンボ ♂ (D300 + AF-S 200mm F4D)

樫原湿原といえばハッチョウトンボ(日本で一番小さいトンボ。一円玉と同じ大きさ)を撮らなければ失礼ですよね?(汗)
宿題のモートンイトトンボも撮ったし、後は... あ、グンバイトンボに行かなきゃ...
って、今週は雨模様だし天気回復するまでお休みですかねぇ。

モートンイトトンボ(メス)未熟

| コメント(0)
D30_3728.jpg
モートンイトトンボ(メス?) D300 + AF-S 300mm F4D

ベニイトトンボ(オス)だと思って撮ったのですが、複眼が朱赤色じゃないし、モートンイトトンボ(メス)未熟のようです。 自信はありません。はい。

モートンイトトンボ(オス)

| コメント(2)
D30_3794.jpg
モートンイトトンボ D300 + AF-S 300mm F4D + TC-14E II

風太さんからモートンイトトンボ(日本で一番細身のトンボ)情報を戴きましたので、さっそく出掛けました。 前回撮影時は生まれたばかりでモノトーンのトンボさんでしたが今日のは成熟し綺麗な色になっていました。

明日からまた雨模様の予報ですので急遽出掛けましたが、到着は11:30。自宅から1時間40分掛かりました。 すぐに弁当を食べ、準備万端。 で、場所を確認して探しますがホソミオツネントンボやクロイトトンボは居ますが肝心のモートンイトトンボは見つかりません。 「今朝はこの辺りに居ましたがねぇ〜」の言葉を信じ粘りました。 40分後ぐらいにやっと出て来たのを見つけましたが結構遠いです。

キンモンガ

| コメント(0)
D30_3483.jpg
キンモンガ D300 + AF-S 300mm F4

飛んでるときはてっきり蝶だと思って追いかけたのに、留まった途端ガッカリ...

コジャノメ

| コメント(0)
D30_3553.jpg
コジャノメ

樹液を吸ってましたので他の蝶も来ないかと粘ってみましたが残念無念。
ISO 2500 にしては綺麗でした。

クロヒカゲ

| コメント(0)
D30_3526.jpg
クロヒカゲ

ゴム長を履いて歩き回りましたが、ここはニョロよりクマに要注意?
三脚無しでしたが結構撮れるものですねぇ。(汗)

ヤマキマダラヒカゲ

| コメント(2)
D30_3501.jpg
ヤマキマダラヒカゲ

ヤマキマダラヒカゲだと思いますが、半分自信なし。
この辺りは「クマ出没中」の看板が至る所にありましたので、早々に退散。

メスグロヒョウモン(オス)

| コメント(2)
D30_3682.jpg
クモガタヒョウモン(オス) メスグロヒョウモン(オス)

クモガタヒョウモン(メス)

| コメント(0)
D30_3594.jpg
クモガタヒョウモン(メス)
これも初見でした。「メスグロヒョウモンと間違えやすいですから」と言われましたが、白斑ありなのでメスで大丈夫かな???

ウスバシロチョウ

| コメント(0)
D30_3667.jpg
ウスバシロチョウ
秩父への出張帰りに寄り道ですが、本命は空振り。
鳥でも蝶でも僅かな下調べだけで素人が出掛けても無理がありますなぁ... ┓(´_`)┏
ま、何種類かは初見の蝶に出会えただけでも良しとしましょう。

マルカメムシ

| コメント(0)
早くも6月に入りましたが、天気はまずまずでしたので、近くの林道に行ってみました。

 マルカメムシ
marukamemushi_110601_001.jpg

顔の両端にある小豆色が眼だと思ってましたが、違ってました。 それにしても変な顔のカメムシです。 ほんとに真ん丸で5mmほどです。

ベッコウトンボ

| コメント(2)
昨日出掛ける予定だったのですが、土曜日の呑み会でダウン!(めっきり酒が弱くなったようです...) で、本日、昼休みに出掛けて来ました。

D30_2696.jpg

稲尾岳

| コメント(4)
D30_1230.jpg

ツマグロ・・・

| コメント(0)
tsumagurokicyou_100920_012.jpg

ベニシジミ

| コメント(0)
benishijimi_100920_007.jpg

ツバメシジミ

| コメント(0)
tsubameshijimi_100920_002.jpg

カラスアゲハ

| コメント(0)
karasuageha_100824_001.jpg
カラスアゲハ D300 + AF-S 300mm F4

ムラサキシジミ

| コメント(0)
murasakisijimi_100915_012.jpg


ギンボシヒョウモン

| コメント(0)
ginboshihyoumon_100830_004.jpg


オオウラギンスジヒョウモン

| コメント(0)
oouraginsujihyoumon(mesu)_100830_001.jpg


クロマダラソテツシジミ

| コメント(0)
鳥撮り先輩のマコさんアコさんにご案内戴き、クロマダラソテツシジミに出会うことが出来ました。(^^ゞ
フィリピンや台湾から来る迷蝶だったそうですが、昨年には東京都港区でも観察されているそうです。これも温暖化の影響なのでしょうかねぇ。

kuromadarasotetsusijimi_100905_023.jpg


クジャクチョウ

| コメント(0)
D30_0123.jpg
マツムシソウに来たクジャクチョウ(車山高原にて)


クジャクチョウ(タテハチョウ科)
・27mm
・滋賀県以北。本州中部では標高の高い山地でしか見られないが、東北地方や北海道では平地でも見られる。
・日本を含む東アジアに分布するものは亜種 l.i.geisha とされている。鮮やかな翅の模様を着飾った芸者に喩えたものだそうです。九州は分布域から外れているが、1977年と2004年に鹿児島市、1998年に対馬(上県町)と合計3回記録されている。これらは大陸からの迷チョウか、愛好家によって放たれたものと考えられるそうです。

イシガケチョウ

| コメント(0)
ishigakecyou_100824_001.jpg

ルリシジミ

| コメント(0)
shirubiashijimi_100824_006.jpg

ツマベニチョウ

| コメント(0)
tsumabenicyou_100823_083.jpg

ヤマトシジミ

| コメント(0)
yamatoshijimi_100824_002.jpg

ダイミョウセセリ

| コメント(0)
daimyouseseri_100824_001.jpg

ヤマトシジミの結婚

| コメント(0)
D03_6521.jpg
D3 + Ai AF Micro-Nikkor 200mm f/4D IF-ED

まさか蝶の結婚式に出会うとは・・・。 ``r(^^;)ポリポリ

タテハモドキ

| コメント(2)
tatehamodoki_100821_013.jpg

タテハモドキ(タエハチョウ科)
・29mm
・九州以南。南西諸島では各島に普通。九州では1950年代後半〜2000年代に南端部から福岡(未定着?)まで北上したが、中部山地への侵入は不詳。
・多化牲。秋型成虫で越冬。海岸草地、休耕田、湿地に多い。
・食草はクマツヅラ科イワダレソウ、キツネノマゴ科オギノツメ、ゴマノハグサ科スズメノトウガラシ

マユタテアカネ

| コメント(0)
mayutateakane_100819_79_1.jpg

マユタテアカネ(トンボ科)
・24mm
・北海道〜九州、長、甑、種、馬、屋、口永、トカラ、中之島
・6〜12月
・植生の多い池沼、湿地、水田、溝川など

mayutateakane_100819_79.jpg

カラスアゲハ

| コメント(0)
karasuageha_100818_16.jpg
カラスアゲハ ♂ D300 + AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED トリミングなし

いやはや、蝶も熱中症にかかるのでしょうかねぇ。
目一杯近づいても逃げませんでした。ポカリスエットを口で霧吹きすると少し飛びましたが息も絶え絶えって感じでした。 ┓(´_`)┏

ツマグロヒョウモン

| コメント(2)
tsumagurohyoumon_100817_05-2.jpg
ツマグロヒョウモン D3 + Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED + TC-14E II

いつも同じ蝶しか留まりませんねぇ・・・。 ┓(´_`)┏

ツマグロキチョウ

| コメント(0)
tsumagurokicyou_100815_01.jpg
ツマグロキチョウかな? D300 + Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED

アオスジアゲハを撮りに行ったのですがねぇ・・・。 ┓(´_`)┏

再会 ♪ (午後の部)

| コメント(0)
tsumagurohyoumon_100812_38.jpg
ツマグロヒョウモン D300 + Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED

湿原の帰りにちょっと寄り道。(^^ゞ

再会 ♪ (午前の部)

| コメント(7)
kiitotonbo_100812_18.jpg
キイトトンボ D300 + AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

家に居てもお盆の準備には役に立ちませんし台風も去ったことで湿原へ。

キタテハ

| コメント(0)
kitateha_100810_16.jpg
キタテハ D300 + Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED

センニチコウには「蝶が吸蜜に来ますよ」とのことでしたが・・・。

アオスジアゲハ

| コメント(0)
aosujiageha_100809_01.jpg
アオスジアゲハ D3 + Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED

やっと撮れたアオスジアゲハ。
よく見かけるのですが、留まっている場面に遭遇せず、その内その内でやっとです。

アシグロツユムシ

| コメント(0)
ashigurotsuyumushi_100806_03.jpg
アシグロツユムシ(幼齢) D300 + Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED

それにしてもマクロで撮ればよいものをサンヨンで撮っちゃいました。 ┓(´_`)┏
最短撮影距離が1.4mってのが強みですね。

石垣島の蝶

| コメント(0)
onashishiroobiageha_090928_01.jpg
シロオビアゲハ ♂  D300 + AF-S 600mm F4D II

昨年の石垣島で蝶を撮ったのを思い出し、名前を調べましたが吃驚!
この蝶はフィリピンからの迷蝶だそうです。ゴミ箱へ入れなくて良かった〜〜〜♪

※野草&昆虫の keiko 先生から、シロオビアゲハでは?とのご指摘を戴き、最初に聞いた方に確認しましたが、シロオビは下の羽の周囲の赤い点が違うようだとの回答でした。
う〜ん・・・ ややこしいですねぇ。尾が有るので、オアリシロオビアゲハにしておきましょうかねぇ??? ``r(^^;)ポリポリ

◎確定しました。関東にお住まいの蝶撮り専門の方からコメントを戴きました)
ーーー 
沖縄では普通種ですが奄美大島までしかいません。
シロオビで間違いありませんが、メスではなくオスのようです。
(後翅裏面の赤斑が発達していない)
ーーー
ちなみに、蝶撮りは西表・竹富が特にお勧めだそうです。
なんだか出掛けたくなりましたねぇ・・・。 ``r(^^;)ポリポリ

またまたオオムラサキ

| コメント(2)
oomurasaki_100806_08.jpg
D300 + Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED

またまたオオムラサキへ出掛けました。
知らなかったのですが、例年8月に入るとオスは見られなくなるそうです。早朝から張り込みましたが、お出ましは前回同様午後からでした。

阿蘇野草園

| コメント(2)
トラフシジミ
torafushijimi_100729_01.jpg
D300 + AF-S VR Micro 105mm F2.8G

阿蘇・内牧温泉・杜の隠れ家へ出掛けたついでにまたまた野草園に寄り道でした。

睨み合い・・・

| コメント(0)
D30_6464.jpg
D300 + AF-S VR 105mm F2.8G + TC-14E

国蝶のオオムラサキが樹液を吸ってるところへギャングが・・・。

セアカツノカメムシ

| コメント(0)
seakatsunokamemushi-0.jpg
D300 + AF-S VR Micro 105mm F2.8G

最近、昆虫撮影が気になっていますが、昨日はカメムシ撮影にどっぷり・・・。ですが、マクロ撮影もへったぴでした。かなりの枚数撮ってましたが、歩留まり悪すぎでして出直さなければ・・・。 ┓(´_`)┏

は、羽根が欠けてますぅ・・・

| コメント(2)
D30_5651.jpg
D300 + AF-S VR 70-200mm F2.8G f/4.5, 1/250, -1.0EV, ISO400
(今日の画像は、ちょっと重いかも知れません。悪しからず・・・ (・_*)\ペチ)

う〜ん・・・ ピントバッチリだと思って喜んでましたが、羽根が欠けてますねぇ・・・。(涙)

ミヤマカワトンボ

| コメント(0)
D03_3999-1.jpg
D3 + AF-S VR 70-300mm F4.5-5.6

眼の化膿防止とはいえ、洗顔&洗髪が自由に出来ないのは不便でした。
顔はウエットティッシュで拭うだけ、洗髪は仰向けで行う美容院に行かなければならず面倒でしたが、今日からは大丈夫♪
で、汗をかいてもいいので小さな渓流へ出掛けましたが、大当たり〜〜〜♪ 初めてのミヤマカワトンボに出会えました。なかなか綺麗なトンボさんでした。 (^^ゞ

阿蘇野草園での昆虫

| コメント(0)
D03_2289.jpg
D3 + AF-S Micro 105mm F2.8G

ムラサキツバメ(♀)

| コメント(6)
D30_3507.jpg
D3 + AF-S 600mm F4D II

トンボ観察会

| コメント(4)
昨日午後からはトンボ観察会でした。
ゴム長に履き替えましたが、内心ドキドキキ?
いつも最後の五番目を歩くようにしていましたが、何事もなく無事終了。ほっ!

まずは、コバネアオイトトンボ。
トンボを撮り始めたばかりですので、どれも珍しいのですが、これはまれにしか居ないそうです。まれってのがどの程度かはわかりませんが... ``r(^^;)ポリポリ
D30_1243.jpg
Nikon D3 + AF-S VR Micro 105mm F2.8G

リュウキュウベニイトトンボ

| コメント(4)
D30_0458.jpg
Nikon D300 + AF-S VR 70-200mm F2.8G

先月、崎戸のトンボ池で撮っていたベニイトトンボは、リュウキュウベニイトトンボだそうです。(4枚の画像は同一個体です)
鳥仲間から教えて戴きました。感謝感謝! (^^ゞ

※長崎県では明確な記録は出されていないそうですので、怪しいかも・・・ ┓(´_`)┏

崎戸

| コメント(0)
D03_1482.jpg

ビロードツリアブ

| コメント(2)
amakusa_23.jpg
何という虫でしょうかねぇ?
ビロードツリアブだそうです。花はムラサキカタバミ。
今回も「花調べ」の keiko さんに教えて戴きました。感謝感謝。(^^ゞ

チョウトンボ

| コメント(0)
D30_0196.jpg
撮ったのは初めてですが、このトンボはよく見かけます。

目線の高さのこの枝に何度もとまるのですが、背中側から綺麗に撮ることは出来ませんでした。
ま、そのうちチャンスはあるでしょう!





ベッコウトンボ

| コメント(2)
D30_0273.jpg
自宅から1時間強のところにベッコウトンボの生息池があると教えて戴き、行ってきました。

なかなか綺麗なトンボですが・・・
実を言うとこの写真は看板を写したものです。``r(^^;)ポリポリ
池の周りは当然ながら草ボウボウ。ゴム長は準備してましたが入り込む勇気は湧きません。(汗)



D30_0207.jpg
諦めて帰りかけたのですが、よく見るとそれらしきトンボが。

VR 70-200mm F2.8G では遠すぎますねぇ。








D30_0213.jpg
D30_0219.jpg












D30_0267.jpg
少し低いところにとまったので、意を決して草ボウボウに入りましたが、まだ遠い・・・
おまけに背中から撮れるようにとまってくれません。

サンニッパは焦点距離が長いので寄れないし・・・
トンボ用レンズを仕入れるしかないですねぇ。

やっと到着!

| コメント(3)
D03_0131.jpg先日来、とんぼ等の昆虫を撮っていましたが、識別するのに便利との図鑑を教えて戴き、即、注文しましたが、やっと届きました。

さすがに事細かに記載されています。
これで鬼に金棒かな・・・?


さてと・・・、図鑑が来たのですが・・・
あれ? わかりませんねぇ・・・ ┓(´_`)┏
私が撮ってたのなんかは簡単だと思っていたのですがね。
幼虫は刻々と姿を変えるのですねぇ?
わからんですぅ・・・(汗)






ツバメシジミ

| コメント(2)
尾白? 全体が白いからよく分かりませんが・・・? ┓(´_`)┏

D03_0051.jpg
























キャハハ・・・ オジロシジミと思っていましたが、ツバメシジミだそうです。``r(^^;)ポリポリ



D03_0021.jpg
特大の毛虫がいましたが・・・
羽化すると何になるのでしょうねぇ?









これは蠅ではありませんよねぇ???
D03_0039.jpg

ハラビロトンボ

| コメント(0)
ハラビロトンボ(めす) 直ぐに納得の腹広でした。

D03_0062.jpg

アオモンイトトンボ

| コメント(0)
コリンウズラが隠れた時、遊んでくれたトンボさんどす♪
こんな小さなトンボを撮るには望遠マクロが欲しくなりますねぇ・・・。

D03_0047.jpg























D03_0066.jpg
D03_0068.jpg

キイトトンボ

| コメント(2)
前回はあまりにゴチャゴチャした場所にいましたが、今回はスッキリ? (^^ゞ

D30_0010.jpg

ハッチョウトンボ

| コメント(2)
確か・・・、ハッチョウトンボも一番小さなトンボでしたよね。
小さいとは聞いていましたがこれほどとは思いませんでした。結構赤みが増してましたね。

























D30_9926.jpg

モートンイトトンボ

| コメント(0)
日本で最小のイトトンボだそうです。
駐車場で偶然お会いしたアコさんに教えて戴きましたが、指先で教えられても???
えっ? この小さいのがですかぁ・・・? で、やっと撮影。
今日はほんとにラッキーでした ♪  感謝感激! ヽ(^0^)ノ

D30_9862.jpg
























D30_9874.jpg
D30_9970.jpg

キイトトンボ

| コメント(0)
羽化したてのキイトトンボ。
こんな小さなトンボを見つけ出す人がいるのかと唯々吃驚!

D30_9880.jpg
D30_9973.jpg

ウラギンヒョウモン

| コメント(0)
時々見かける蝶ですが、初めて撮影。

D03_0013.jpg
























D03_0015.jpg
D30_9952.jpg

Powered by Movable Type 4.261

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち② 昆虫カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは① 野鳥です。

次のカテゴリは③ 山野草です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。