クジャクチョウ

| コメント(0)
D30_0123.jpg
マツムシソウに来たクジャクチョウ(車山高原にて)


クジャクチョウ(タテハチョウ科)
・27mm
・滋賀県以北。本州中部では標高の高い山地でしか見られないが、東北地方や北海道では平地でも見られる。
・日本を含む東アジアに分布するものは亜種 l.i.geisha とされている。鮮やかな翅の模様を着飾った芸者に喩えたものだそうです。九州は分布域から外れているが、1977年と2004年に鹿児島市、1998年に対馬(上県町)と合計3回記録されている。これらは大陸からの迷チョウか、愛好家によって放たれたものと考えられるそうです。

D30_0400.jpg D30_0474.jpg D30_9822.jpg
D30_0016.jpg D30_9361.jpg D30_9538.jpg
それにしても、表翅の派手さに比べ、裏翅の地味なこと。驚きでした。┓(´_`)┏

コメントする

  
  
Powered by Movable Type 4.261

このブログ記事について

このページは、管理人が2010年8月30日 20:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「雲海」です。

次のブログ記事は「高原の秋」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。