ヤマヒバリ

| コメント(4)
D30_8781.jpg
D300 + AF-S 600mm F4D II

ヤマヒバリ(スズメ目イワヒバリ科)
【生息場所】
・平地から山地の灌木林、農耕地、林縁。
【分布】
・日本では数の少ない冬鳥または旅鳥として北海道から九州で記録がある。日本海の離島では秋に比較的よく記録される。
いやはや、通算7日目ですが、やっとヤマヒバリに出会えました〜〜〜♪
時間切れで帰ると翌日出てくる最悪パターンのお陰で、3回も通ってくる羽目に陥りましたが、とにかく出会えて万々歳〜〜〜♪
応援&激励戴きました地元の大野さん、大阪の三原さんに感謝感謝で〜〜〜す♪


親の敵じゃありませんが、これでもかって撮っちゃいました。``r(^^;)ポリポリ
まずは最初に出てきた場所。
以前ここで何日間もお地蔵さんしてたのですがねぇ。
落ち葉でごちゃごちゃですが、出てくりゃ何でも撮っちゃいます。
お陰でゴミ箱行きも半端じゃなかった... ┓(´_`)┏
D30_8466.jpg D30_8485.jpg D30_8512.jpg

一段落後はバックネット裏へ。
この場所も毎日散歩の方から「ここでよく見ましたよ」と聞いていましたが、出るときはこんなものなのですねぇ。(^^ゞ
D30_8545.jpg D30_8551.jpg D30_8561.jpg
D30_8571.jpg D30_8577.jpg D30_8596.jpg

余裕が出てきて一歩前へ! ``r(^^;)ポリポリ
D30_8623.jpg D30_8636.jpg D30_8639.jpg

ついつい大きくトリミング。``r(^^;)ポリポリ
D30_8663.jpg D30_8667.jpg D30_8673.jpg

結構満腹ってことで一服していたら突然目の前の枝へ!
今日は大安吉日だったかなぁ???
ほんの僅かな時間だと思ってましたが、かなりの枚数連射してましたねぇ。(・_*)\ペチ
D30_8702.jpg D30_8707.jpg D30_8714.jpg
D30_8718.jpg D30_8751.jpg D30_8779.jpg

そろそろホテルへ引き上げようかと思った途端、他の人のシャッター音で気付きました。
それにしても凄い藪の中でした。
D30_8785.jpg D30_8790.jpg D30_8791.jpg

これで当分の間、どじょうの蒲焼きや加賀珍味がお預けになりそう... ``r(^^;)ポリポリ

コメント(4)

おめでとうございます。
やれやれ。親の敵をとれましたね。(^_^)v
ついでにヤマちゃんを福岡まで先導してくださいましたでしょうか。
雷じぃじさんを見てると、日本は狭いですね。

えっ? ヤマちゃんを先導?
スミマセン。まったく気付かず、北へ同行しようかと考えていました。``r(^^;)ポリポリ

先日普正寺の森でお会いしました千葉県のものです、その節はお世話になりました。鳥友から貴殿のブログを教わりたびたび拝見させてもらっていたのですが、ヤマヒバリの画像が私の撮ったのとほぼ同じなのに驚き、良く考えたら九州からの人と一緒に撮っていたのを思い出しました、アーあの人が「雷じぃじ」さんだったのだと分かりました。おかげさまで私はあの日のうちにハイイロガン、ヤマヒバリ両方とも撮れてその日のうちに帰りました、往復1200キロ25時間の旅でした。これを機会に今後ともよろしくお願いいたします。

よっちさん、こんばんわ♪
ヤマヒバリ、運良く出てくれて良かったですねぇ〜。
あ、鳥運の良いよっちさんのお陰かも知れませんね。
ありがとうございました〜〜〜♪
こちらこそ、今後とも宜しくお願いいたします。

コメントする

  
  
Powered by Movable Type 4.261

このブログ記事について

このページは、管理人が2010年2月17日 23:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「地獄谷野猿公苑」です。

次のブログ記事は「ハイイロガン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。