ムラサキツバメ(♀)

| コメント(6)
D30_3507.jpg
D3 + AF-S 600mm F4D II
D03_7064.jpg
昨晩の忘年会での二日酔いもなく、パッチリの目覚め。
天気も上々のようです。

D03_7069.jpg
朝食を軽く済ませ、意気揚々と昨日のカツオドリポイントへ向かいましたが...
天気晴朗なれど、一羽もいません... どうなってるの?

D03_7071.jpg
即、諦めて、前回コシジロに出会った山中へ向かいましたが...
出会ったのはウグイスだけ!
これってムラサキシキブだったかな?

D03_7073.jpg
で、このラッパのような花は?

D03_7078.jpg
これもサッパリ... ┓(´_`)┏

D03_7079.jpg
これくらいは知ってるぞ! カラスウリ!
ん? 横にいるのは蝶かな?

D03_7079-1.jpg
カラスウリ画像の等倍トリミング。
で、ロクヨンで取り直したのが表紙の画像ですが、これまた名前がねぇ...

キリシマミドリシジミかと思いましたが、
「南薩では発見されない」と図鑑にありますので違うのかなぁ?
これが一番近いと思うのですがねぇ。

ウラミスジシジミは九州では「大分・飯田高原、熊本・南小国のみ」だそうで、これも×。
ミドリシジミも「久住高原、南小国町、阿蘇根子岳のみ」だそうで、これも×。
ヒサマツミドリシジミも「宮崎県、熊本県南部、霧島山が南限」だそうで、これも×。
じゃ、この子は誰???

Musashi さんのお陰で辿り着きました。
自分だけだと、キリシマとして終わってましたねぇ... ┓(´_`)┏

コメント(6)

一番可能性がありそうなのがムラサキシジミの雌です。他のシジミは羽の裏側が見えていないので何ともはや。
 どうしても見たことのないのにしたくなるんですよね。でも、やはり一番見かけるのは普通にいるものというのが正解かも。

お晩でやんす♪

ムラサキシジミも最初に見たのですが、屋久島産は短尾とあるように、
ムラサキシジミには尾がないので違うと思っちゃいましたが...

 ごめんなさい。しっぽを見ていませんでした。ということは、どうも、キリシマミドリシジミ雌が近そうな感じです。

ですよねぇ。
でも、南薩にはいないと書かれてるし...
図鑑もあまり当てには出来ないのかなぁ???(笑)

 それと書き忘れましたが、時期的に今頃いるかどうかが問題です。このてのシジミチョウはだいたい6~7月頃が一番見られるはずなので、今の時期だとムラサキシジミぐらいしか残っていないという方が普通ではないかと思ったのが最初のミステークの原因です。
 と、ここまで書いて気がついたのはムラサキツバメというのがありますね。裏側がわからないのでなんともいえませんが、どうでしょうか。

なるほど! ムラサキツバメでしょうね。
ネットで他の人の画像を見ましたが、裏側の色も間違いないです。
http://www.geocities.jp/kamosuzu/murasakitubame.html

それにしても、図鑑の色とは大違いですね。
ありがとうございました。

コメントする

  
  
Powered by Movable Type 4.261

このブログ記事について

このページは、管理人が2009年12月13日 23:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「突撃! & 食べ放題 ♪」です。

次のブログ記事は「岩屋公園」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。