リュウキュウベニイトトンボ

| コメント(4)
D30_0458.jpg
Nikon D300 + AF-S VR 70-200mm F2.8G

先月、崎戸のトンボ池で撮っていたベニイトトンボは、リュウキュウベニイトトンボだそうです。(4枚の画像は同一個体です)
鳥仲間から教えて戴きました。感謝感謝! (^^ゞ

※長崎県では明確な記録は出されていないそうですので、怪しいかも・・・ ┓(´_`)┏
リュウキュウベニイトトンボ?
D30_0467.jpg D30_0496.jpg D30_0515.jpg

リュウキュウベニイトトンボの複眼はオス・メスともに緑色。
ベニイトトンボの複眼はオスは朱赤色、メスは緑がかった淡褐色で、リュウキュウベニイトトンボより全体的に赤みが強い。

ベニイトトンボ
D30_0514.jpg 

コメント(4)

雷じぃじさん ごめんなさい。
自信をもって、リュウキュウベニイトトンボと思ったのですが、福岡市のチョウで有名なF氏にお聞きしたところ、まだ長崎県では明確な記録は出されていないそうです。
image5とimage6の画像は、成熟したベニイトトンボですね。
ということはそのほかも未成熟のベニイトトンボ♂と♀かもしれません。
image3が♀としたら、腹部の第7~10節に黒色班がないので、ベニイトトンボ♀となります。
両方いるのかもしれませんが、宮崎県などはリュウキュウベニイトトンボがベニイトトンボを駆逐して、リュウキュウばかりになっていると聞きました。
ベニイトトンボは絶滅危惧II類で少ないそうですから、どっちであってもうれしいGetですね。
リュウキュウのほうは宮崎以南では普通に見られるイトトンボらしいです。

ありゃまっ? 長崎では明確な記録が出されていない?

image5,6 は色の違いがわかりやすいように乗せたもので、ベニイト ♂ですね。

image1〜4 は同一個体です。透き通った色のがいたのでずっと追いかけました。
といっても近場をうろうろするだけでしたがね。(^^ゞ

私たち、初心者は色のハッキリした子を被写体にしたほうが無難なような....。
野鳥も幼鳥はわかりづらいもの。
でも、撮りやすい子は子供なのかも。(涙)

未成熟ってのが難題ですねぇ。
複眼の色は変わらないとか、明確な答えが有ればよいのでしょうがね。
ま、綺麗なトンボでしたのでそれで満足しています。(^^ゞ

コメントする

  
  
Powered by Movable Type 4.261

このブログ記事について

このページは、管理人が2009年7月 8日 09:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ハシブトアジサシ」です。

次のブログ記事は「うしろ姿」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。