記念艦 三笠

| コメント(0)
D03_8078.jpg

今日から7月。早いですねぇ・・・。
で、さかみ? いえ、みかさなのです。戦艦・三笠。
何故か昨年の7月は一週間ほど横浜に居たのです。 (^^ゞ
三笠公園
D03_8075.jpg
ドラゴンタイガーの唄のとおり、ほんとにドン突きにありました。
タイガードラゴンの間違いでした。``r(^^;)ポリポリ
あの唄、俺の話を聞け〜〜〜 っていう唄!

海に浮かんでるように見えますでしょうか?
D03_8161.JPG

ほんとは陸に揚げられてるのですよねぇ。(^^ゞ
D03_8157.JPG

記念艦 三笠 の由来
D03_8079.JPG
三笠は 1904年(明治37年)2月に始まった日露戦争において、東郷平八郎大将が率いる連合艦隊の旗艦として、終始敵の集中砲火の中で奮戦し、同年8月10日の黄海海戦ではロシア東洋艦隊に大打撃を与え、遂に 1905年(明治38年)5月27日の日本海海戦では、遠来のバルチック艦隊を全滅させる偉功をたてた日本海軍の代表的な軍艦であります。

日本海海戦の大勝利は、世界史の流れを大きく変えたと言われますが、この偉業を成し遂げた日本民族の誇りと自信を新たにするとともに、その栄光を永く後世に伝えるために、その「シンボル」として、三笠は 1926年(大正15年)以来収蔵する多数の記念品とともに、ここ白浜海岸に保存され、多くの人に親しまれてきました。
と書かれています。

まぁ、にょきにょきと砲身が生えていますが、何本あるのでしょうかねぇ?
D03_8154.JPG

排水量:15,140 ton
全長:132 m
幅:23 m
軸馬力:15,000 H.P
速力:18 ノット
砲:30 cm X 4, 15 cm X 14, 8 cm X 20
発射管:45 cm X 4

30cm 主砲
D03_8097.JPG

D03_8093.JPG

30cm 主砲(後部)
D03_8153.JPG

上甲板前部
D03_8098.JPG
 前甲板の主な用途は錨作業であり、左右の舷外に錨泊用の大きな錨が見えます。現在の戦艦と異なり、錨が艦首から離れた位置にありますが、これは、戦艦の艦首を相手にぶつける衝角戦法の設計思想が残っているためだそうです。

衝角戦法:船の舳先を尖らせて衝角という構造を作り、相手の船に衝角を向けて体当たり。うまくいくと相手の船を真っ二つに。

2番砲室(15cm 砲)
D03_8114.JPG
 この砲室に配置された砲員は、この砲室で食事をし、ハンモックで眠り、訓練をしていたそうです。

6番砲室(15cm 砲)
D03_8116.JPG
 日露戦争は、1904年(明治37年)2月9日、日本海軍による仁川沖海戦、大連、旅順のロシア艦隊に対する夜襲で始まりましたが、この緒戦と旅順港の模型を利用して閉塞作戦と旅順攻略戰を解説しています。

中央展示室
D03_8122.JPG
中央展示室にある艦首飾です。

艦橋の図
D03_8129.JPG
 東城鉦太郎画伯が日本海海戦当時の艦橋に立つ東郷司令官を中心とした艦長や参謀達の様子を描いた絵で、教科書などでも紹介されているものだそうです。

東郷元帥の軍装
D03_8128.JPG
 東郷元帥が実際に着用されていた軍装3着と靴を展示しています。身長 153 cm と小柄な方だったのですねぇ。

司令長官公室
D03_8143.JPG
 連合艦隊の作戦会議や VIP の晩餐会などが行われた部屋で、この部屋にある机は三笠が英国で建造された際に積み込まれたものだそうです。両舷にはキャビン砲があります。

司令長官居室
D03_8144.JPG D03_8145.JPG
 司令長官の私室で、作り付け家具は三笠が英国で建造された際に製作されたものです。また、日本海海戦当時と同様に明治天皇の御神影も飾られています。

司令長官寝室
D03_8141.jpg D03_8140.JPG

記念艦 三笠とは
 三笠は、1902年(明治35年)にイギリスで建造された戦艦で、日露戦争においては東郷平八郎司令長官が乗艦する連合艦隊の旗艦として大活躍しました。特に1905年(明治38年)の日本海海戦では、ヨーロッパのバルト海から派遣されたロシアのバルチック艦隊を対馬沖で待ち構え、集中砲火を浴びながら勇敢に戦い、海戦史上例を見ない圧倒的な勝利に大きく貢献しました。
 日露戦争は、帝政ロシアの極東進出により、存亡の危機に立たされた日本が、イギリスやアメリカの支持を受け、国民一人一人が力を合わせて戦い抜いた防衛戦争であり、この戦いに勝ったことにより、日本は独立と安全を維持し、国際的な地位を高め、また、世界の抑圧された諸国に独立の希望を与えました。
 大正12年、太平洋戦争後、占領軍の命令により大砲、マスト、艦橋などが撤去され、見る影もなく荒れ果てました。
 その後、「三笠」を元の姿に戻そうとの声が内外で高まり、多くの人々からの募金、政府の予算、アメリカ海軍の支援により、1961年(昭和36年)に現在の姿に復元されたそうです。

閲覧時間:09:00〜17:00(季節により閉艦時間が若干変わります)
休観日:12月28日〜31日
観覧料金:一般 500円、高校生 300円、小・中学生 無料。

※記念艦 三笠 HPより抜粋

コメントする

  
  
Powered by Movable Type 4.261

このブログ記事について

このページは、管理人が2009年7月 1日 23:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「またまた樫原湿原」です。

次のブログ記事は「オニアジサシ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。